明日葉の栄養価

        
明日葉という植物を聞いたことありますか。
名前の由来は、夕べに芽を摘んでも、明日に芽がでるというところから出来た名前です。
もちろんそれは、あくまでもたとえですから、一日ですぐに成長してまた収穫できるわけではありませんが、成長がはやく、たくましい植物だということです。

生産地は、房総半島、伊豆半島、八丈島、伊豆大島などの暖かく、暮らしやすい地域です。
学術的に分類するとセリ科に属しています。

たくましい、成長が早いからこその魅力的な要素をたくさん持っています。
青汁の材料としてはおなじみのケールは有名ですが、明日葉はメジャーな材料に勝るとも劣らない原料です。
用いられる理由は、やはりこの明日葉の持つ身体に優しい栄養価がたくさんあるからだということは想像出来るかと思います。

注目すべきは相当高い栄養価ですが、どういうものがあるのでしょうか。
カルシウムやカリウム、ビタミンB2、さらに聞き慣れないですが抗菌作用があるクマリン、カルコンという成分も含まれています。
このカルコンという成分は明日葉特有の成分のようです。
カルコンはダイエットに良いといわれていますので、明日葉のカルコンについて詳しく解説されているサイトhttp://xn--qev01m8oeln2c.com/asita.htmlを用意しました。
是非、ご覧ください。

ケールなどに太刀打ちできるくらいの栄養価を持っているので青汁に用いられることが理解できるでしょう。
明日葉は栄養価の高い野菜として、おひたしなどの食用にも利用されています。

明日葉には他の材料でもたくさん含まれている食物繊維も、もちろん含まれています。美容やダイエットhttp://www.literarylifebookstore.com/に効果がありますので、女性にも嬉しいでしょう。

明日葉が原料の青汁は次のような効果もあります。
具体的な体への効果は 発がん性物質をおさえると言われる整腸効果です。また、カルコンと呼ばれる粘り成分には、フラボノイドが含まれており、これにも強い抗酸化作用やがんを抑える作用があるといわれています。

さらに明日葉の成分クマリンはアルツハイマーの予防にも効くといわれています。
また、明日葉は、よく食卓をにぎわせる緑黄色野菜の王道といわれるほうれん草よりも多いβカロチンを含んでいるのです。
これも抗発ガン作用や動脈硬化の予防で知られています。

こんなに良い効果をもたらしてくれる明日葉ですが、独特のクセがあります。少し苦手な人もいるかもしれませんが、これだけの可能性をもった明日葉です、是非お試しください。

大麦青葉の青汁についてはこちらhttp://www.pest-one.com/easydrink.html

青汁の豊富な食物繊維について解説しているサイトもおすすめです。ご覧ください。