特定保健用食品と青汁

        
青汁には特定保健用食品に指定されているものもあります。
特保とは『トクホ』と記載されることもあり、見かけた人も多いのではないでしょうか。
特定保健用食品とは、厚生労働大臣に認可を受けた健康食品のことで、商品の効果や効能などを表示することができるものです。

体の生理学的機能等に影響を与える保健機能成分を含んでいて「オリゴ糖類を含む食品」など、特定の保健の目的が期待できることを表示できる食品です。
このような「保健の用途」を表示するには、個別に生理的機能や特定の保健機能を示す有効性や安全性等に関する科学的根拠に関する審査を受け、消費者庁長官の許可を受けることが必要です。

つまり、かいつまんで言えば、国の機関から、成分や効果などを表示することが出来るというものでお墨付きをもらっているようなものです。
青汁以外の実際の特定保健用食品としては、下記のようなものがあります。
乳酸菌類を含む食品、食物繊維を含む食品、血圧が高めの方適する表示をした食品、カルシウム等の吸収を高める表示をした食品、などなどがあります。

特定保健用食品に分類されるという事は、それに分類されないよりは価値があると考えられているので、青汁を含め、食品の生産者側の企業は必死になって、それを取得しようとするわけです。
青汁の場合で説明しますと、青汁の場合は、特に健康食品という位置づけで飲むことによってどのような効果、効能が得られるかという事を表示して、消費者側に訴えていきたいわけです。

『こんなに効果がありますよ』と伝えたくても一見すると医薬品のような効果や効能を示すものだと、薬事法の規制によりそういった表示をすること自体、禁止されているのです。
堂々と表示するには、特定保健用食品という部分で認可を受け、それを表示する事によって消費者側の安心が得られ、販売の促進につながるのではないかと考えられています。

そういった根拠によって、消費者側も特定保健用食品として認定されている物の方が安心して飲むことが出来るのでしょう。
これからも青汁商品については、トクホ取得に向けて、企業側は努力を続けていくことでしょう。
このサイトで紹介されているサントリー極の青汁はおすすめです。是非一度お試しください。