ヒアルロン酸と青汁の違い

        
ヒアルロン酸、それは何か健康食品やサプリメントに入っているイメージがします。
テレビの通販番組でサプリメントのコマーシャルをしているときに最近よく耳にするのが『ヒアルロン酸』ですね。
ヒアルロン酸は、ブタやニワトリのとさかに含まれているようです。

その他、健康食品などとともに、一緒に最近よく聞く用語としては、グルコサミン、コンドロイチンなどもありますが、これは、エビ類の殻などが原料になっているのです。
いろいろなところから『健康成分』を取り出すものだなあ とつくづく感心します。

この中でもヒアルロン酸を取り上げます。
保湿成分といえばヒアルロン酸というほど、女性にも浸透してきている成分ですが、肌の調子が悪い、かさかさするなどの悩みを改善したいという人に注目されています。
みずみずしい肌を取り戻したいという方も気になっているでしょう。
ただ、ヒアルロン酸は、医師、研究者によって、その効果の評価が分かれるところでもあるようです。

口から摂取する、いわゆる食べる、飲むというやり方での摂取の仕方だとほとんど効果が無いという人もいたりします。
動物性の成分で金額的にも高いという部分で価値があるかのようにも見えますが、なかなか一筋縄ではいかないようです。
高価なものなので、続けようとなるとなかなか難しい所はあるかもしれません。

それに対して、今や日本人にはお馴染みになっている青汁は、それほど高価というより、安価で手に入りますし、ケール、大麦若葉などなどの、今やはっきりと成分や効果が理解されているものから出来ている青汁は非常にとっつきやすいものではないでしょうか。

ヒアルロン酸と青汁の違いは、経口摂取して効果がはっきりわかるものかどうか、さらには、野菜ジュースのような感覚で飲める青汁は気軽さ、リーズナブルさがあるということでしょう。
このサイトの解説美容と健康のために青汁も、是非参考になさってみてください。